Kalie's TED TALK

投稿日:

MIWADA TOPICS

2月26日(月)放課後にALTのKalie Mackey先生による講演会「Child Labor (児童労働)」が開かれ、高1、高2の生徒が参加しました。

児童労働の問題点は学齢期の子どもが農薬や怪我といった危険な環境のもとで働かざるを得ず、その結果学校に行けない、子ども時代を過ごすことができないという境遇に陥ってしまうことです。世界の子どもの11%がこの児童労働に携わっていること、私たちの身の回りにある有名なブランドの衣類や食品も児童労働によって製造されていることなど、世界の現実を様々なデータを示しながら話してくれました。

さらに、Kalie先生は実際に児童労働という状況に置かれている子どものビデオなどを見せながら生徒たちに質問を投げかけ、考えさせました。自分たちとも無関係ではない児童労働への気づきを促す内容となりました。

児童労働の背景には貧困があり、生きていくため、教育を受けるためなどの必要性から行われていることも決して無視できない事実です。私たちにできることは、せめて消費者として、自分が買う物が児童労働によって製造されているかどうかを調べて「公正に取引された」商品を買いましょう、というメッセージで締めくくられました。Kalie先生、ありがとうございました。

以下はKalie先生からのメッセージです。
Thank you to everyone who came to my Ted Talk! I hope you were able to learn a lot. Even if it was difficult for you to listen to a long lecture in English, I think it was brave of you to come and admirable for you to practice your English outside of class. This topic was a little dark, but I think it's important to think about what is going on in the world so that you can continue to grow into mature and responsible adults. I hope you realize that you have the power to make changes, no matter how small!

P1010622.JPG P1010625.JPG

P1010630.JPG P1010614.JPG

P1010621.JPG (TOP兼).JPG