法政大学理科実験教室

投稿日:

MIWADA TOPICS

 3月29日(木)、高2の化学、物理選択者29名が法政大学のサイエンスルームで物理学の教授による理科実験教室に参加しました。

 今回のテーマは「光のスペクトル」。1時間の講義の後、光をスペクトルに分ける方法についての実験を行いました。回折格子を用いた簡易分光器を用いて様々な光源(蛍光灯、白熱電球、LEDランプ、水銀灯など)がそれぞれどのように光が分かれて見えるかということを視覚的に確認でき、講義の内容についての事柄の理解を深めました。大学の実験室でなければできない実験を体験し、生徒たちは大いに刺激を受けることができたようです。

P1010653.JPG P1010638.JPG P1010643.JPG

P1010648.JPG P1010640.JPG