中1オリエンテーション合宿

投稿日:

たま鑑

4月25日は三輪田学園の創立記念日。

例年、その前日は各学年で遠足を実施しているのですが、今年度から中1は24日・25日1泊でオリエンテーション合宿をおこなうことになりました。

今まで軽井沢追分寮で8月末におこなっていた中1合宿ですが、施設の収容人数の関係で1クラスずつしか宿泊できず、時期も夏休みのおしまいなので親睦というにはちょっと遅いのでは?という意見がありました。そこで、追分寮の閉鎖に伴い、中1合宿のあり方そのものを検討した結果、今回のようになりました。

場所は千葉県の富浦・大房岬にあるリゾートホテルで、東京からバスで約2時間。ちょうどいい距離です。

今年度中1は、い組からほ組までの5クラス196名と大所帯でしたが、全員参加して、元気に全行程をクリアすることができました。

初日、8時半過ぎに学校近くからバスに乗車、途中海ほたるでちょっと休憩して、ホテルに到着。

全体が集まれる大ホールでホテルの方に代表の生徒がご挨拶。

その後、担任の先生から注意があった後、三輪田の歴史を私からレクチャー。今回はプリントを使って班ごとに調べ学習できるスタイルで、『三輪田検定2018』をおこないました。初級編を8割クリアできればまずまず、なのですが...。結果は?

ホテルは海に面して芝生の広場があり、そこで昼食をとったあと、クラスごとにアクティビティをおこないました。

大房岬は第二次世界大戦の時の戦跡や海岸の地形など学習要素は満載の所ですが、

今回はまず親睦ということで、ひたすら走り回って2時間あまり。

親睦の目的は充分達成されたようです。

夕食後はクラスごとに「他己紹介」や「クラス会議」などをおこない、「どんなクラスにしたい?」などと話し合っていました。

DSC_1066.jpg

この日はどんより曇りながらも外で活動できたのですが、夜半から雨が降り出し、暴風雨の状態に。

それでも予定通りマザー牧場に向かい、キャンプ場でカレーライス作りに挑戦しました。

屋根が付いているところなので、傘は必要なかったのですが、横殴りの雨の中、竈の火を調節しながら飯ごうで御飯を炊きカレーを作る作業は、なかなか大変だったようです。

家でカレーを作るときにはもっと簡単に煮えるのに...と、ガスや電気の有り難さに気づいた人もいたようです。

それでも全班無事にカレーライスが出来、食べ終わった頃から雨が上がってきました。

DSC_1104.jpg

食後はマザー牧場で班行動。お土産もたっぷり買って、5時少し前に学校付近に戻って来ました。

今回の中1合宿、天候には恵まれませんでしたが、全員が参加できたこと、怪我や病気の人が出なかったこと、予定していたことがほぼできたことなど、とてもよかったと思いました。

今後、中1の各クラス、学年全体がしっかりまとまるという手応えを感じました。

運動会まであと少し。この合宿で築いた団結力で、中1の活躍を期待しています。

上級生の皆さん、うかうかしていられませんよ!