広島修学旅行

投稿日:

たま鑑

昨日から中3生と一緒に広島修学旅行に来ています。
昨日は午後新幹線で広島駅に着き、バスで平和記念公園に直行。
原爆ドームや公園内を見学した後、資料館のメモリアルホールで全体講演を伺いました。
お話しくださったのは、資料館の元館長・原田浩先生です。

IMG_0423.JPG
三輪田が修学旅行で広島に行くとき、原田先生に全体講演をしていただくのがもはや慣例といえるほど。
ご自身も6歳の時被爆なさり、戦後は広島の復興に向けて尽力なさいました。
資料館館長としても、被爆世代最後の館長として、原爆ドームの世界遺産登録を成し遂げました。
講演では、ご自身の被爆体験だけでなく、現代の核兵器の問題や、日本政府の果たすべき役割につても言及されます。
オバマ元大統領が来訪してから欧米系の外国人が見学に来るケースが増えているが、リピーターは少ないとのことでした。
ヒロシマは核兵器という今も続く課題があるので、
さまざまな意見や立場があるでしょう。
しかし、どんな時でも、一番たくさん持っている人が棄てる覚悟をしないと、何も進まないのではないでしょうか。
今日は袋町小学校を見学して、被爆なさった証言者のお話を伺いました。
この旅行をへて、生徒たちが何をどう考えるようになるか、楽しみです。生徒の様子は、加藤先生がClassiにあげてくださいます。
ご覧くださいね。