税理士事務所見学会

投稿日:

たま鑑

夏休みに入り、生徒が自主的に活動する期間になりました。

それにしても暑い!!! 今日は東京でも40℃を記録したとか。

この暑さはちょっと度を超していると思います。

皆様、どうぞご自愛くださいませ。

さて、そんな中、今日は高1の生徒6名を連れて税理士事務所の見学会に行ってきました。

東京税理士会館で現役の税理士の方々から色々なお話を伺えただけでなく、

通常は職場見学などさせていただけない税理士事務所を実際に見学できた、なんとも贅沢な見学会でした。

中高生にとって、税理士の仕事は縁遠いものと思っていました。

しかし、今日お話を伺う中で、日々毎日の私たちの買い物や交通費、電気や水道まで、税に関係しないものはなく、

その管理に携わっているのが税理士であることがわかりました。

その他会社の会計業務に関するお仕事や、コンサルタント業務等もなさるとのこと。

実はとっても身近な職業だったと、生徒たちも実感したようです。

税理士になるための資格試験は5科目あり、まとめてでなくても一つ一つ受験していけば、一度合格した科目は取り直さなくてよいなど、かなり具体的に税理士を目指す情報もお聞きしました。

国家資格なので、この仕事は一生もの。

しかも、「働く人たちの助けになる仕事で、やり甲斐がある」と、見学した事務所の女性の税理士さんが仰っていました。

現在女性の税理士は全体の14.5%程ということですが、自分次第でワーク・ライフ バランスも うまくいきそう。女性の進出も期待される職業です。

今日参加した生徒は高1生で、ちょうど具体的に進路を考える時期です。

いいタイミングで本当にいい経験ができたと感謝しています。