『ガールズが変える世界の未来』

投稿日:

MIWADA TOPICS

 11月30日(金)に高校3年生に向けての「卒業記念講演会」が講堂にて開かれ、高校生全員が参加しました。今年度の講演者は国際協力・ジェンダーの専門家として国内外で幅広く活動されている大崎麻子先生でした。

 ジェンダー平等と女性のエンパワーメントの推進に尽力なさっていらっしゃる大崎先生は、「世界は今、ガールズの力に注目」しているのだということ、そしてそのガールズの力を発揮するためには健康、教育、生計手段、参画がキーワードとなり、それらを可能にするためには、女性の「エンパワーメント」が必要であるというお話をされました。

 そんな世界に注目される「ガールズが目指していること」とは、EMPOWERMENT「自分らしく生きる!」「自分で考えて自分で決める!」とLEADERSHIP「ひとりひとりがチェンジ・メーカー」「みんなで繋がって、未来を変える」だそうです。この力強いメッセージは、これから社会に出て行く高校生の胸に響いたことと思います。

 最後に、2013年に世界的なヒットとなったディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌、 'Let It Go'の英語の歌詞を女性のエンパワーメントの視点から解釈し、題名中の 'It'とは「自分の意志」であり「周囲の声」なのだ、だから「周囲の声に惑わされず、必要な時は援助を求め、自分の意志で自分のことを決定する」ことこそが今世界で求められているガールズパワーなのだというお話をされ、生徒たちにとって身近な題材から、国際社会で求められている「女性の姿」を提示していただきました。

 講演終了後には、高3の生徒から挙がった質問には、「素晴らしい質問です」とお褒めいただいた後に丁寧にお答えくださいました。「知識は大切であること」、「若い人たちが自主的に志を持って様々な場面で活動をしていることはとても大切で、そのような活動が社会を変えていく」といったお答えでした。
 
 小さなお子様を連れて国連開発計画(UNDP)の局員として世界で活躍された大崎先生はまさに国際社会で求められる女性のロールモデルと言えると思います。その先生からのお話に三輪田生も大いに共感し、勇気づけられたことと思います。

 最後に、大崎先生が時間があれば見せたいとおっしゃっていらした動画のURLを下記に載せます。ご覧になってみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=xVUyGS6qqlw
https://www.youtube.com/watch?v=__wX7YTHL2g

TOP兼.JPGPB300394.JPG