先週の道徳・HR

投稿日:

MIWADA TOPICS

東京新聞出前授業

 中1の道徳・HRの授業では、東京新聞の出前授業が行われました。講師は、東京新聞NIEアドバイザーの関口修司先生。第1部では新聞情報の重要性についてのお話、第2部では新聞記事の「見出し作り」、第3部では、複数の「新聞の読み比べ」を行いました。記事を読んでその記事に見出しをつける作業は、究極の要約といえます。また、ただ要約的にまとめるだけでなく、読者に読んでもらうためには興味を引く見出しにする必要もあります。みなさん、上手く見出しをつけることができたでしょうか。三輪田学園では、新聞はもちろんのこと、今後も生徒に良質な文章に触れる機会を意識的につくっていきます。

平和学習『この世界の片隅に』

 中学2年生は、戦時中の広島・呉を舞台にした『この世界の片隅に』を鑑賞しました。原作は、広島出身のこうの史代さんの漫画です。昨年夏にテレビドラマ化されたことから、多くの生徒が知っている作品でした。
 鑑賞後の生徒からは、もう二度と戦争を繰り返してはいけない、という声がたくさん聞かれました。
 三輪田学園の中学の道徳では、平和な社会を築くためのプログラムを様ざまな形で実施しています。現在私たちが享受している平和は「ある」のではなく、不断の努力によって築かれてきたものであり、これからも平和な社会を築いていく努力を怠ってはなりません。道徳での取り組みを通じて、生徒は自分も平和を築く一人なのだという当事者意識を持ってほしいと思います。

合唱コンクールへ向けて

 三輪田学園で最も盛り上がる行事の一つ、それが中学合唱コンクールです。クラス対抗で順位を決めるため、各クラスとも朝礼前や終礼の時間を利用して練習に励みます。最初は一生懸命な生徒と部活を優先させたい生徒、早く帰宅したい生徒と練習に向けての意気込みに差がありますが、最終的にはクラスが一丸となって優勝を目指します。合唱コンクールまでの1ヶ月は、目標に向かって協力して頑張ることを学んでいく1ヶ月でもあります。決戦は、2月20日(水)です。現在そこに向けて奮闘中です。

DSCN1220.JPGDSCN1190.JPGDSCN1211.JPG