ブログ

「バスケ」自粛期間で作りあげたもの!

バスケットボール三輪田の風

バスケットボール三輪田の風

「人が変わるのに3ヶ月かかる」でも
「3ヶ月努力出来れば絶対変わることが出来る」

三輪田があるカップ戦に参加した際、全国大会出場経験のある先生が講評で話してくれた言葉です。
新型コロナの影響で部活が出来なくなり、3ヶ月以上が過ぎました。その中で今できる事をやろう!と部員達と試行錯誤しながらオンラインで活動してきました。

3月の段階で主な課題は2つありました。
①学校での練習日数・時間が短い中で、家に帰ってからの自主練の時間ををどうやったら増やせるか
②部活運営に全員で関わり、顧問メインではなく生徒主体で運営できる組織づくりをすること

これらを改善するために以下の取り組みを自粛期間に始めました。
・部全体での投稿リレー(Classi,teamsにて、1日に一回)
・部全体でのトレーニング(teamsにて週に1回)
・コートネーム導入
・事業部制度の導入
・ファミリー制度の導入
・ファミリー交流会(頻繁に実施)→縦つながり強化
など
これらをこの自粛期間の約3ヶ月続けてきました。
その結果顧問もついていけないぐらいのスピードで生徒達が頑張って運営してくれています。今回は3ヶ月で少しずつ成果が出てきたバスケットボールクラブの活動の一部をご紹介しますのでみなさんぜひご覧下さい!

急に暑くなり、暑さに慣れるのが大変な毎日ですが、皆様お身体に気をつけてお過ごしください!