春の準備

投稿日:

たま鑑

あとわずかで2019年も終わり。

明日から学校も年末年始のお休みになります。

今日は朝から風が強く、アプローチの木々が大きく揺れていました。

今年夏に卒業生の植木職人さんにアプローチの植栽を美しく入れ替えてもらったため、

今は紅葉が色づき、グレーのコンクリートの校舎を彩っています。

よく見ると、風にしなる木々の枝の先には小さなつぼみがついていて、

すでに春の準備が始まっているのだなあと感心しました。

2019年は元号が変わって令和となり、記念すべき年になりました。

わが学園でも213名の新入生を迎え、中1・中2で5クラススタートとなりました。

慌ただしく1年が過ぎましたが、私としては、生徒と一緒にマルタに語学研修に行けたことが一番の思い出です。

英語に自信がない私が、ドバイでのトランジットは大丈夫なのか?とか、

インターナショナルクラスで生徒は大丈夫?とか不安もいっぱいでしたが、

当たって砕けろ。(実際は、砕けないですみました!)

なんでもトライすることの大切さを改めて学びました。

大学入試共通テストについては、二転三転して、踊らされた感じでした。

せめてもう少し早く決定してくれていたら、受験生の動揺も少なかったろうにと思いますが、

政治主導でしか動かないこの国の教育にはちょっとがっかりです。

未来をつくるのはこの若者たちなのに...。企業の論理や個人の失言などどうでもよいことです。

一方、生徒たちの活躍が目立つ年でもありました。

夏休みの宿題で様々なコンクールに応募した人が、素晴らしい成果を上げたり、

部活や愛好会が上の大会に出られるようになったり、選抜メンバーに選ばれたり。

生徒一人一人の力でもありますが、三輪田全体の教育力も高まってきている気がします。

来年はオリンピック・パラリンピックの年。

例年と違うことが起こってきそうですが、生徒ファーストで考えていきたいものです。

三輪田全体がOne Teamとなって、来年も頑張ります。

皆様、よろしくお願い申し上げます。