あけましておめでとうございます

投稿日:

たま鑑

皆様、あけましておめでとうございます。

本年も三輪田学園と校長ブログ「たま鑑」をよろしくお願い申し上げます。

このブログのタイトルは、日本史の教員としてそれなりに凝ったつもりでつけましたが、

先日ある方に「たまかん」といわれて、あら...とがっかりしました。

「鑑」は鏡。三輪田の日常を鏡に写したように記録しようと思い、つけた名前です。

ですので、「たまかがみ」。よろしくお願いします。

さてさて、年末年始、一週間ちょっとのお休みをいただきましたが、あっという間に明日は始業式。

3学期は1年のまとめであると同時に新年度への準備をおこなう時期。

特に受験生の皆さん、気合いを入れて頑張ってください。

私はたいてい元旦に初詣に行くのですが、今年は亀戸香取神社に参拝に行きました。

もともとは厄除け祈願などで有名な神社でしたが、このところ、「スポーツの神様」を祀る神社として有名になっています。

自宅からそう遠くないので、何度か参拝したことのある神社ですが、

いつもは閑散とした境内に参拝客が大勢列を作り、鳥居から本殿まで1時間待ちといった大混雑。

おそらくは運動をやっているであろう学生さんたちがたくさん参拝していました。

オリンピック・パラリンピックの年ですものね。参拝者の中にはオリンピアンやパラリンピアンがいたかも。

印象的だったのは、本殿に続く参道に沿って、たくさんの灯籠が並べてあり、

その一つ一つにスポーツ選手の力強い言葉が書かれていたこと。

参拝を待っている間も、この灯籠をじっくり見学できて、全く飽きませんでした。

多くの選手の言葉に共通していたのは、「自分を信じる」という言葉や、現在の自分を肯定的に受け止める言葉。

これまでの汗と努力で鍛え上げてきた自分自身の力や精神力に自信を持って勝負に臨む。

試合に臨むまでの時間に十分な準備があってこそ、今の自分を信じることができるのでしょう。

これから受験に向かう皆さん、十分に準備を整えたら、あとは「自分を信じる」。

いい結果が待っていると思います。

↓ 吉田沙保里さんの灯籠「今あるがまま そして一生懸命を楽しむ」

IMG_0996.jpg