百人一首大会(中2)

投稿日:

MIWADA TOPICS

 1月24日(金)に中学2年生は、かるた大会を行いました。

 中学2年生では、日頃の古典の授業で1学期から少しずつ暗唱を重ねてきました。3学期までに全100首を覚えます。今回はそれを踏まえた学年全体のかるた大会です。

 今回の大会ルールは、中2のかるた愛好会のメンバーを中心に古典係の生徒と相談して決めました。4、5人のチームに分かれて、2チームずつの対抗戦で、全40チームで競いました。それぞれチームは2名ずつのリレー方式で6首ごとに交代して出場していきます。源平戦にリレー要素を加えたオリジナルルールです。どのチームも出場メンバー順を決めたり、作戦を練ったり、決まり字を覚えたり、白熱した戦いが繰り広げられました。すばやく取れた時には大きな歓声があがり、皆でかるた大会を楽しみました。

 読手は、かるた愛好会のメンバーのうち2人が交代でつとめました。日頃の活動でも練習している公式ルールをふまえた詠み方で、みんなからも聞きやすいと好評でした。

 さて、学年で一番になったチームは、ろ組のチームで77枚でした。また、各クラスでの優勝チームには賞状が授与されます。

IMG_1887.JPG file7.jpeg

file12.jpeg file3.jpeg

file1.jpeg

file5.jpeg