三輪田学園中学校・高等学校 三輪田学園中学校・高等学校

三輪田学園中学校・高等学校

learning ICT教育

1人1台のiPad

三輪田学園では、2018年度より生徒全員がiPadを持っています。BYOD(自分自身のデバイスを自由に持ち込む)方式ではなく、三輪田仕様に設定したiPadを使用してもらっています。あくまでも授業に必要なアプリのみをインストールしています。

小学校時代から1人1端末が当たり前な時代となり、生徒自らがiPadでノートを執るのか、紙のノートで執るのか自ら選択して使用しています。

※2024年4月よりデジタルシティズンシップ教育に基づいて、スモールステップでiPadの制限を緩和していきます。具体的には中学生ではフィルタリングを活用し、夜の時間帯のインターネットアクセスの遮断をして睡眠時間を確保します。

高校生では、アプリのインストールを「学習に関係のあるもの」に限定するルールを設け、自ら使いたいアプリをインストールできるようにします。

インタラクティブなアプリケーション・システム

ロイロノート・スクールやスタディサプリを中心に、生徒の学びを補助するツールを多く取り入れています。学校とご家庭との連絡ツールは校務システムBLENDを利用しています。学校からご家庭への連絡はもちろん、お子様の欠席や遅刻連絡は電話ではなく、連絡機能(欠席連絡)を利用することで、共働きのご家庭にも配慮しています。

Macbook

三輪田学園の生徒用のPCは、Apple社のMacbookを使用しています。これは、全員が持っているiPadとの相性の良さもありますが、生徒の創造性をより直感的に表現できるツールとしての意味合いがあります。Macbookには、プロのデザイナーも使用するAdobe Creative Cloudのすべてのアプリがインストールされており、生徒のあらゆるニーズに応えています。

2023年12月に最新のMacBook Air(M2)を導入し、メモリも当初よりも増加させ、ハイスペックなPCを完備しました。

Microsoft 365

三輪田学園の全校生徒と全教職員は、Microsoft 365 のライセンスを持っています。1人1 TB のオンラインストレージのほか、Word、Excel、PowerPointはもちろん、SharePointやTeamsなど、用途に合わせて様々なアプリケーションが使用できます。2020年の臨時休校の際にも、Teamsを利用し、双方向のオンライン授業を実施することができました。

情報科概要

教科指導の特徴